エアモニター WD-AM01(二酸化炭素濃度計)

「密な環境」を可視化!
安心・安全の快適空間を実現するエアモニター
コロナ対策・省エネ・作業効率アップ!

室内の十分な換気は厚生労働省によって推奨されています

  • 厚労省は建築物環境衛生管理基準による換気の基準を公示、規定値を超える場合の換気を推奨しています。
  • エアモニターが必要に応じて換気タイミングを通知。密になり易い空間を衛生的に保ちます。
  • 部屋の空気をエアモニターで監視することで、みんなが安心して働ける職場へ。

製品名

エアモニター WD-AM01(二酸化炭素濃度計)

特 徴

  • 約4インチの大画面液晶にCO2濃度/温度/湿度を同時に表示
  • 建築物環境衛生管理基準1)に対応
  • 基準に定められる「二酸化炭素含有率」を測定可能
  • 設定した二酸化炭素の含有率を超えるとアラームで換気をお知らせ
  • USB給電または単4電池(電池別売)で使用可能
  • エアモニターでは珍しい乾電池も使えるタイプなので、延長コードなども必要なく最適な場所に設置することが可能
  • 卓上と壁掛けの両方に対応、場所を選ばずスッキリとしたデザイン

★適切な換気のタイミングが一目でわかる

二酸化炭素(CO2)の状況を把握する為には、センサー(測定器)を設置する場所も重要です。
空気衛生状態を正確に捉えるためセンサーは“窓の付近” “ドアの付近” “空調機の吸気/吹き出し口付近” などを避けた高さ1.5m前後の壁への設置を推奨しております。

★データを記録することができる

下記の表は、記録データから作成したものです。換気をしたことにより、二酸化炭素の濃度が減少していることがわかります。

★二酸化炭素濃度が高いとどうなる!?

部屋の『二酸化炭素濃度』が高いと“めまい”や“吐き気”などを引き起こすことがあります。
換気の目安として1,000ppmを超えないようにすることが大事です。

設置例

室内の換気が必要な様々な場所で活躍します

飲食店・学校・会社・ジム・介護施設・ホテルなど



店舗



教室



会議室

製品仕様

測定項目 CO2(二酸化炭素)/温度/湿度
測定範囲 CO2 0~10,000PPM
温度 -30℃~65℃
湿度 0~100%RH
分解能 CO2 1ppm
温度 0.1℃
湿度 0.1%RH
精度 CO2 ±3%(400~2,000PPM)
温度 ±0.3℃(-10~65℃)
湿度 ±3%(10~90%RH)
サンプリング時間 CO2 3分
温度 15分
湿度 15分
データ保存数 22,528件 (1分間隔で保存した場合、約15日間分)
電源供給 単4アルカリ乾電池3本(別売り)/USB給電(5V/2A)
環境温度 使用/保存環境温度0~50℃
寸法/重量 108×96×20mm/125g (電池含まず)

※電池での動作の場合、環境や設定などにより動作可能日数が異なります。
ログ取得間隔、計測間隔を長くすることで変わります。15分間隔で、約45日間になります。

PAGETOP
Copyright © 東京新電力株式会社 All Rights Reserved.